シャセリオー & スケーエン

11歳でアングルの弟子となり、16歳でサロン入選。37歳で死去。

シャセリオー展 〜19世紀フランス・ロマン主義の異才〜 @国立西洋美術館

ミュシャでいっぱいいっぱいになったところをクールダウンしようかと上野へ。

素描が多いときいていたし・・・・ 大それたことでした。反省。

日本発の本格的な展覧会だそうで

アングルに「絵画界のナポレオンになる」といわしめた才能の持ち主です。

ただ、師匠の磁器のような肌の人物と違い、シュセリオーの描く人物はやわらかい。

神話の世界を描いていても現実の人間のようです。

メインビジュアルの《カバリュス嬢の肖像》も

ティツィアーノと比べては いけないでしょうが、とても魅力的です。

そして嬉しいことに、影響をうけたとして

ギュスターヴ・モローの作品が出ていました。

・《アポロンとダフネ》(ギュスターヴ・モロー美術館)

・《聖チェチリア》(国立西洋美術館

・《牢獄のサロメ》(国立西洋美術館

・《ヘロデ王の前で踊るサロメの関連周作》(ギュスターヴ・モロー美術館)

・《オルフェウスの首を運ぶトラキアの娘》(ギュスターヴ・モロー美術館)

・《若者と死》(オルセー美術館

クールダウンどころか上がってしまいました。

オルセーからきている作品はシュセリオーに私淑していたモローが その死に際して描いたもの。

5月28日まで。

http://www.tbs.co.jp/chasseriau-ten/

**************

国立西洋美術館は常設展示ものぞくことにしています。

ミニ企画展

スケーエン デンマークの芸術村

ここで漸く一息つきました。

アンナ・アンカーでは

《明かりのついたランプの前の若い娘》がよかった。

そしていつものように ・ヴィルヘルム・ハンマースホイ《ピアノを弾く妻イーダのいる室内》 にご挨拶。

シュセリオー展関連でモローとドラクロワの作品も撮ったりして。