本日も書類の人日記

 3月17日(木)

 書類に判をついて回して,次の仕事,と思ったら,本日も見積,請求,納品の3点セットの作成を頼まれる.編集担当者,気を利かせてどこにどの数字をいれればよいか,計算までしてくれているが,最初の見積と刊行時とは頁数が違っている.現物を前に,再度計算して作成する.

 午後もこまごました仕事.4時に某大手印刷会社から数名が来訪し,ちょっとした意見交換を5時過ぎまで.

 戻って次に仕事,と思うが,編集の後輩氏が来てぼやく,というか愚痴るのを聞く.全面的に同意はできぬが,忙しい人はより忙しく,暇な人はより暇になっているのかもしれないなあ,とは思う.手を広げすぎるのはあまりよろしくないとはいえ,「これは私の仕事ではありません!」とか言っちゃって,境界領域の仕事をいっさいしないのはいかがなものか.仕事の幅を広げていく,ということが組織の成長や活性化の前提となっているように思うのだが.

 ぐずぐずしていた配りものをして,明日,月曜とえらくバタつくことに驚き,帰り支度.編集の後輩氏に再び会うと,「明日休んだらまずいですかね」と言う.明日,ちょっとした行事があるのだが,私も休んだことはある.「何かあるの」と聞いたら,「祖母に何かあったら,休んでもいいですかね」と言い出す.実家の御祖母様の調子がよくないらしい.きょう,もう帰って,明日は休んでもよい,と言う.いろいろ考えて,結局そうしたようだ.やれやれ.

 電車で帰ることとする.下車駅からの帰り道,野方ホープへ.葱チャーシューとキムチとビール,それに温野菜ラーメン.この店だけか,あるいは全店の方針か,卓上の漬物がキムチもやしに替わっている.にんにくの置き方にも変化.そもそも創業者がご存命のときは卓上のサービスはキャベツキムチだったが,亡くなられた後,大根の漬物になった.それ以来の変化か.あ,葱チャーシューも炒めていない.前は炒めて黒コショウがかかっていたような気がするが.などと思いながら,完食.

 帰宅すると9時前.すぐに入浴する.あがってお茶を飲んで,土曜日のゴルフの準備をゆるゆると.ニュースをながめ,「カンブリア宮殿」をながめ,さてどうしようかと思ったら風呂から出た息子が「『アウト・デラックス』みないの?」とやってきた.で,一緒に観て.11時半過ぎには消灯.床に入ったら,すぐ寝入った.

 

 昼,骨折して入院した伯母の転院先が決まりそうだと,母から電話.見学の日程を決めなくてはいけないのであわてたが,インフルエンザが大流行して来院制限中とのこと.まずはパンフを送ってくれるそうだ,やれやれ.

 

 例の小学校のこと,全然良いとは思わないが,手のひらをかえすように離れていく議員さんたちもいかがなものか.一方で,理事長が「失礼なこと」をしたのならば,教育勅語が骨の髄まで染みこんでいても,ろくなことをしない人間になってしまう,ということを,証明しちゃったようにおもうのだが.