読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷デュオ

2017年3月22日(水)開場18:30 開演19:30

共演ーサーストン・ムーア

入場料7000円プラスドリンク代500円。

しかしいつからこんなに高くなったんだ、外タレコンサート。

私が高校生の頃、スマッシュ招聘モノだと3900円が相場だった。

それでも高いなーと感じていたけど、いまやその二倍。

もっとも30年前の話だが。

平日の週半ば、これはある種の冒険だった。

去年今の職場に異動して今までで最高に忙しい職場になったので

体力的にも平日ライブは諦めていた。

が、ここらでいっちょやってやろうかと。後先考えずに。

次の日、どうなるかわからんけど。

18:00過ぎに職場を出て、中央線〜井の頭線を乗り継ぎ渋谷へ。

その間ひたすら目を閉じて体力温存。途中から座れたのを幸いに眠る。

会場に着いたのが19:00くらいだったか。はじめての会場。

想像以上に広い。想像以上に人少ない。椅子席。三分の二くらいの

埋まり具合。

灰野さん側と思われるほうの二列目確保。しかし座りにくい折りたたみ

椅子だこと。前後の席間も狭くぎちぎちに詰めた感じ。

クラスター&イーノのBGMをバックにまた寝た。

ほぼ定刻サーストンムーアのみ登場。デカイ。2mはありそう。

いやそれより灰野側じゃなくてサーストン側だったことにショック。

置いてあるギターを見間違えていた。視力落ちたな。

サーストンソロが約30分。演奏中途、ギターをかまえたまま袖に

引っ込んだと思ったら灰野さんを呼び寄せてたのか?

灰野さん登場。歓声が上がる。ニンマリ。

灰野さんは椅子に座り演奏。ややガッカリ。でも悪くない。

灰野さんがかなりはりきってるのがわかる。声援浴びたから?

30分程度で終了。これで終わり?みんなが不安に思っていたところ、

「休憩します」のアナウンス。ホッ。急いで灰野さん側に移動。ほぼ最前。

再開。やっぱり座ったままの灰野さん。ほーそうか、今日はそーきたか。

でも悪くない、はさっきも言ったぞ。

後半ついに立ち上がる灰野さん。それでもそんな激しくはならない。

終了。アンコールを求める拍手が起こるが客電点いて自然消滅。

そこは7000円払えるオトナしか来ていないからだね。押しが弱い。

でもいいんじゃないの。無理にアンコールはしなくても。

なにがなんでもアンコールする習慣に警鐘を鳴らす意味でも。

音響はかなり良かった。しかし、音小さかったなー。外へ出てもいつもの

耳鳴りが全くしていない。そんなんでそれほど疲れも感じなかった。

次の日もいつも通りに仕事できた。これならいけるぞ。明日への伏線。