20173月

ようやく桜も一分咲き〜春到来。とはいえ、まだまだ寒い状況。4月はもう少しは暖かくなるだろうがこんな状況が続き、5月あたりから一気に暑くなっていくのかな。

仕事は前年より1割弱ダウン。平日ランチ休んだ分マイナス、夜はほぼ同じ。とはいえ、今年は連休をとらなかったから少しマイナスかな。なかなか、厳しい状況。流れ的には同じような流れかな。

(客の高齢化や中食による外食頻度が減少、店が増え、また多様化してきているゆえ、既存店の一店舗あたりの上がりは落ちている。勢いがあるのは肉系などの旬の店、移転、改装した店、てこ入れしているチェーン店。とはいえ、安定していい店もあるが高単価か低単価、原価が高い店。ようは普通でない努力している店。うちもいいように見えているみたいだが(苦笑)暇な時は暇。忙しい時は客を返さないといけない。人手足りないゆえ回転も悪いしね。)

前年に比べて予約数は増えていたがフリーは落ちているのかな。相変わらず、外国人は好調。だだ、外国人は単価が低い傾向にあるから売上には大きく貢献しない。席数が少ない個人店には入れすぎるとマイナス傾向。ワガママな客も多いしね。そろそろ、親父の状況もおちついてきたし平日ランチは予約だけでも取ろうかな〜て考えている。予約だけなら一人でもできるしなんか親父になんかあってもまた、家の用事も動きやすいし。

平日ランチ休んだことによりプラスに作用したのは人件費と材料費など経費。人件費は夜営業を伸ばしたのもあるからさほどではないですが、その部分の人の配置を考えなくてよくなったのが店長としては楽になった。また、土曜日ランチは一人でやる(人がいない+在籍バイト全員がこの時間用事あるゆえ)ようになり、一人でもそれなりにできることに気づいた。毎日はさすがに無理だが、予約のみならできそう。マイナスは売上。当たり前の話だけど。利潤的にみると10月〜12月あたりはランチやらなくてマイナスになっている。この時期のランチの貢献はでかいからね。逆に6月9月2月はやらないほうがいいかな。あとはやはり、夜や土日ランチにも影響があるのかなら?微量に落ちている。ま、このあたりはランチ関係ないかもしれないがただ店前に置いているチラシの数の減りが半減していることを考えるとね。開いているだけで宣伝効果はあるのかもしれないですね。

なんにしろ、売上が上がるように努力しないと。予約を増やすよう、ネット媒介をいろいろといじったりしているからか、少しよくなっている傾向もあるからね。チラシ半減の対策もちゃんとやれば、まだまだ売上上がる可能性はあるからね。

移転や店舗改装、業態変更などで売上回復するところは多い。実際、成功しているところもあるが、長いスパンでみると多店舗経営しているとこはプラスだけど、個人店ではマイナス。うちの親父はその先駆け的な人。5坪のバーから始め、つまみを置き、移転を繰り返し、つまみを本格的ぽい料理に変え西洋居酒屋に、でチャイニーズバーをやりだし本格的まではいかないカジュアル中華料理店になり今に至っている。店利潤的にはやはり同じ場所で同じようにやるのが効率的。ゆえに店の売上ではさほど儲けてない。流行る店を作って店舗権利売りしてその資金でそこより大きい店に移り流行らしまた移るを繰り返していた。住んでいる家も同じ。ようは不動産付加価値を上げる、上がるようなところに住む、で儲けてきたのが実情。売上も上げるが経費もかける商売だったゆえ、実情は大変だった。本当の意味で安定したのは俺が帰ってきてから。ただ、そのあたりから外食産業の競争が激しくなり総売上も低下傾向に(外食市場は15年前あたりがピーク、今はその7割強、総店舗は倍に増えた)15年前の外食市場状況が続いていたら売上で儲けられてたのね(笑)ま、な\xA4

鵑箸ǂ笋譴討い襪里世ǂ蕕茲掘舛覆鵑世❶\xA3

広告を非表示にする