読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄 摩文仁の丘に台湾之塔

沖縄 摩文仁の丘に台湾之塔

 昨年、沖縄平和祈念公園に台湾之塔が台湾によって建てられた・・・

「台湾之塔」という文字は、台湾総統蔡英文氏による揮毫だ。

昨年台湾に誕生した蔡英文政権は中国共産党と距離を置き、日米との関係を重視している。

日本台湾平和基金会などによる「碑文」には、こう書かれている。

台湾之塔は、先の大戦に台湾から参戦し散華された軍人軍属などの御霊を慰霊・

顕彰する碑であります。

本来在るべき摩文仁の丘に戦後70年もの間、建てられずにいた事に心を痛めた

日台両地の有志に浄財を集めることにより建立されたものです。

当時台湾から勇んで参戦した20万余の軍属軍人の内、約3万柱の戦没者と1

万5千余人の行方不明者は、共に我々の同胞でした。

時代が変わろうと、人が自らの命を犠牲にして他者を救わんとした行為は、

民族や国家の如何を問わず、人道の範として称され語り継がれなければなりません。

建立地となったこの土地は、「戦時中の御恩返しの一端となり日本と台湾の交流・

日台親善の懸橋ともなれば是に過ぎるものはない」として、沖縄翼友会より提供されました。

このように日台間の恩義により結ばれる絆が、アジアと世界の人々の希望と成らんことを

願ってやみません。

此処に台湾之塔の建立をもって御霊の安らかんことを願い、この塔を訪れる全ての人々が

先人の恩義に優る交流を心掛けられる事を祈念致します。 ( ^ω^)・・・。

 台湾人と朝鮮人の違い・・・

よくわかるでしょう( ^ω^)・・・。