読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

音楽ネタその959: Ritchie Blackmore -part xxxxx

またまた久しぶりの日記。2017年もあっという間に4月突入。相変わらずドタバタと忙しいが、プライベートはそれなりに遊べてる(笑)。この土曜日は、古い音楽仲間が店主をしているレストランから、たまたま空きがあるということでお誘いを受け、NHと共に人生初の屋形船に乗船(コボちゃん, thanks!)。あいにく土曜日はちと肌寒く、勝鬨橋から浅草橋、そして再び勝鬨橋という短い船旅中、3分咲きくらいの桜を愛でる余裕もなく(笑)、ひたすら酒と天ぷら。まあ面白かったね。本来であれば最短でも半年くらい前からじゃないと予約できないみたいだし、次はいつのことやら。

明けて月曜日。普通に仕事だったんだけど、つい最近転職された大学時代の大先輩にお誘いいただき(つかさ師匠、あざっす!)、下北沢Music Island Oというライブハウスにジャムセッションに赴く。正直、平日の通勤電車にギターとか持って行くのは結構面倒なんだけど、興味もあったし出向いてみた。オープンマイクという建付けだったけど、なかなかどうして、出演者は恐らく私みたいな仕事帰りのリーマンがそれなりにいたように思うが、割と皆さんお上手。私もギターとクロマティック・ハーモニカで数曲参戦。最後は先輩とこの曲で締め、Deep PurpleのSmoke on the Water. 私が初めて覚えたロック・ギター・チューン。これを超えるギター・リフはないのだ(断言ww)。いわゆる第3期Purpleのあまりに有名なライブCalifornia Jamから。やっぱリッチー最高(笑)。