読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『友達さまに触発されてググってみました。ご存知の皆さまも、始めて知った皆さまも、拡散をお願いいたします。』

 昨年12月の衆院選で福島を地盤とする自民党吉野正芳氏(64)が、ゆかりのない比例中国ブロックで当選した。議席の意味をどう受け止め、今後の活動をどう考えているのかを聞いた。(武河隆司)

 衆院選公示の少し前に、自民党河村建夫選対局長(当時)から電話があった。「福島第1原発事故対応をこれからもやってほしい。吉野にバッジを着けさせて、福島にお返しする」と。当選するためにどこがいいか探した結果が、中国地方だったと聞いている。

 東日本大震災後、福島県選出の自民党議員は私一人だったから、震災復興に関わるすべての国会審議に加わった。今も福島県連の議員だ。古里福島の復興に全力を挙げることが、当選させてくださった中国地方有権者への恩返しだと思っている。

 私は原発が大好きな人間だった。好きだから良くしたいという思いで、原子力安全・保安院(当時)の経済産業省からの分離・独立を訴えてきた。それが実現できないまま事故が起きた。もう福島に原発はいらない。40年廃炉のルールを厳格に守り、新規立地は認めるべきではない。

 原発は国の主導の下で電力会社が造った。今回の事故の責任が東京電力にあるのは当然だが、国の責任はどこにいったのか。個人の賠償交渉は全て国がやるべきだ。その後で東電に求めればいい。

 線量が高い地域の人々には、本当のことを言わないといけない。「ごめんね。あなたの所は帰れないよ」と。それが政治の役割だ。自民党は近々やる。国が将来をきちんと示すことが、住民の未来につながる。(談)

よしの・まさよし

 環境副大臣、文部科学政務官など歴任。衆院環境委員長。福島第1原発が立地する福島5区が地盤で、いわき市出身。当選5回。

(2013年2月8日朝刊掲載)

吉野正芳氏に聞く 福島の復興が恩返しに | ヒロシマ平和メディアセンター http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=22453より引用