読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幸せと不幸せの間

 人が生きているのは幸せと不幸せの間なのかもしれないとフト思ったりします。

 幸せという実感は常にあるとは言い切れず、かと言って不幸せを感じてしまうのは心が良しとせず何となくその中間くらいにふわふわといるのがいいのかもしれないと思います。

 周りの人たちを幸せにする努力を少しずつ頑張ってして、周りの人が不幸せにならないようにつくづくと願うようにしていくのが人の道なのかもしれないと思っております。

 幸せか不幸せ化というのは人の主観に過ぎないという部分もあり、と言いながらも客観的に決して幸せとは言えない人たちも数多くおられるわけで、そういう方達をできる限り幸せという場所へ引っ張り上げて差し上げたいと思いつつなかなかできないでいるのが現状ということになります。

 普通でいるということの難しさというのは在りますが、普通ではないといつか認識した時に底を乗り越える強さを持って生きて行かなくてはならないし、そういう心の強さを養っていかなくはならないと思ったりもします。

 こういう事を考える時間があるということはきっと私は普通に幸せに近い場所にいるのだろうなぁ、ありがたいなぁと思います。常に何が起こっても「何とかなる」と思っている楽観主義の人間なようです。