【体験学習】で見えてきたその子の基礎学力

先日連絡があり、5年生の児童が体験学習をしました。

まず、各50問を3分で解きます。

多くの子が得意なかけ算九九からやります。

2年生のかけざん50点、いいぞ。

1年生のたしざん50点、まずまず。

1年生のひきざん35点、がんばれ!

3年生のわりざん26点、う〜ん!

1年生の文章問題8問中5問正解。

この児童は1年生のひきざんからやや学力が不足です。

やり方を聞いてみるとほぼ全部「数え引き」の方法でやっていました。

「減加法」「減減法」などいろいろな方法で解くことができます。

指を使っても3分以内で正確に解く子もいます。

この時は4年生の算数までは体験学習ができなかったのですが、きっとかなりつまづいていると思います。4年生では15.36÷32のような問題を解くのですから…(学図教科書より)

現在の学年、5年生では、内容がもっと難しくなります。

ますます分からなくなってしまうのが心配です。

あまり時間をかけずにつまずいている箇所の練習をしながら現在の学習の習熟をはかっていくといいと思います。

あなたのお子さんも体験学習を受けてみませんか?