小学生男子の行動

『葉っぱとか石とか、そのへんに落ちているものを大事そうに持って帰ってくる』

→コレクション、集めるのが好き、ちょっとずつ色の違う石を並べて眺めるのが好き。

『鍵盤ハーモニカやリコーダーを持ち帰るときはかならず吹きながら歩いてくる』

→何もせず歩くだけっていうのが暇だから

『荷物を手に持たず、とにかく全部ランドセルから下げて帰ってくる。給食袋はサイドフ

ック、体操服はフタにはさんで、上ばき袋は後ろからシッポみたいにぶら下げる。後ろから見ると怪しい人のよう』

→両手を空けるため。石拾ったり電柱に手をついたりガードレール叩いたり、虫捕まえるのに邪魔だから

『ブロックの上とか溝に落ちそうな道路のはしっことか、わざと危ないところを歩く。しかもそこから急に走り出す』

→普通に歩いて帰るだけとかつまらんから。あと、狭いとこバランスとりながら素早く動ける俺カッケー。

『帰り道に見つけた木の棒を杖がわりにして歩いてくる。そして決まって「ワシゃ爺さんじゃ!」と言う』

→普通に歩いて帰るだけとかつまらんから。じいさんは言わないけどたぶん言いたかっただけ。

『ランドセルが空っぽのままで帰ってきたことがある』

→本気で忘れた。or重い物を持つのがめんどくさい。

『カサをすぐに壊して帰ってくる。もう何本買ったかわからない!』

アサガオをするのは常識。

『鉛筆を5本ぐらい持たせているはずなのにいつの間にか減ってる。残った鉛筆もだいたい芯が折れてる』

→床に落ちてどこかに転がっていく。踏まれて折れる。筆箱投げて中身が折れる。鉛筆削りを持ってない。削るのを忘れる、削るのがめんどい。

『消しゴムに鉛筆で突き刺したような跡がたくさんついててボロボロ』

→消しゴムにとがった鉛筆が陣割と刺さって言う感触が好き。思いっきりさしても鉛筆が折れないっていうギャップが好き。

『色鉛筆やクレヨン、すぐ折ってしまって短くなったものばかり』

→机の上からケースごと落ちたらそれだけで2〜3割折れる。

『学校の帽子が汚れてボロぞうきんのよう。買ったばっかりなのに、もう何年もかぶってるみたい』

→帽子はフリスビーみたいに投げるもの。

『ズボンに穴があく。朝、小さな穴があいたズボンをはかせて送り出すと、帰るころには巨大な穴になってる』

→手が暇なときは穴に指突っ込んで出し入れして感触を楽しむ。(深い意味はない)そしたら穴は勝手に広がる

あと、普段穴に指を入れて穴が広がらないように絶妙な力加減を探しながら引っ張る。穴が大きくならないように気を付けてるとミスったから穴が大きくなってるだけ。

■ママたち困惑? 小学生男子のフシギな行動

(ママスタジアム - 05月21日 20:52)

広告を非表示にする