「髑髏城の七人」Season花 観劇? 〜 ついに会場へ 清野菜名に再会?って言えるの… 〜

7分の待機時間ののち、ようやく会場入りが叶った。

どうやら、私の後に少なくても3人はチケットにありつけたようだ。

ひょっとすると当初の”8人枠”の全員が無事チケットにありつけたのかも

知れない。

============================================================================

会場入りすると、目の前に舞台が。13000円!! S席 名前と金額に

違わぬベストポジションだ。

舞台に目を向けると、なんか百姓娘みたいな子が出てきて、それと同時に

イカれた衣装の男たちがチャンバラをしている。

そうしていると、急に「俺はこっちに付くよ」と言って裏切り宣言。

これが三五(さんご)だ。

そうこうしているうちに、小栗旬が登場。

そう、物語はING。もうすでに展開している最中だ。

そして、イカれた衣裳の男が小栗旬に「てめえなんか来なくったって

ちゃんと打ち負かしてるんだよ。」と悪態をついているとようやく

次のシーンに移る箇所になった。

それと同時にこの客席部分が回りはじめた。そして

プロジェクション・マッピングのズームアップ画面の効果のためであろうか。

見ていると躍動感を感じた。

これが新しい舞台会場の効果かと感心した。

============================================================================

それと同時にようやく自分の中で呑み込めてきた。

あの百姓娘みたいな子が沙霧 〜築城大工の一族の娘、生き残り〜 か。

そして沙霧役が清野菜名だ!!

でも!

こんな顔だったっけ?

それ以上に声が全然違う!!自分の知っている清野ちゃんの声じゃない…