牛久市 ≪シャトーカミヤ≫ を訪ねる

昨日は休日出勤で、今日はその代休、ということで、牛久市のシャトーカミヤに行ってきました。

シャトーカミヤは、茨城県牛久市にあるワイン醸造施設で、3棟のレンガ造りの建物が、重要文化財に指定されています。

創設者の神谷傳兵衛(1856年 - 1922年)は、三河国(現・愛知県)出身の実業家で、

明治13年(1880年)、東京・浅草に「みかはや銘酒店」(神谷バーの前身)を開店しています。

その後、日本国内産葡萄によるワイン醸造を国内事業化することを考え、現・牛久市に葡萄畑とシャトー用に広大な土地を購入。

レンガ造りの牛久醸造場を建設し、ブドウ栽培、醸造、瓶詰め、出荷まで一貫生産する日本初の本格的ワイン醸造所となりました。

震災の影響で、しばらくの間、神谷傳兵衛記念館は一般客には解放していませんでしたが、

昨年、ようやく内部を見学することができるようになりました。

2階は、シャトーカミヤの創業者、神谷傳兵衛のポートレイト。他に、ワインの醸造に使った機械類、昔の宣伝ポスター、書類などが展示されています。

神谷バーの名物的なカクテル「電気ブラン」。現在でもシャトーの売店で、瓶売りの「電気ブラン」を購入することができます。

1階と地下には醸造用の樽が並んでいます。

敷地内にあるレストラン≪テラス・ドゥ・オエノン≫のランチ。甲州富士桜豚のカツレツ。価格もリーズナブルで美味しかったです。

庭園のドクダミと紫陽花。