灯台下暗し、そして親の影響の悲しさ(笑)

我が子が進学する前、

「また始めから友達を作るのが不安で面倒」

と言っていた。

ボクは、案外類は友を呼ぶで1人くらいは話が会う人も出てくるさとは言っといた。

中学にはプログレのバンドやミュージシャンの名を言ったところで、

誰にもわからない上、曲を紹介する勇気もなかったそうな。

唯一ジョジョの曲でわかってくれた子がいたくらい。

「どうせまたプログレ知ってる人なんていないよ」

進学して、部活に入り丸2ヶ月。

「いたぁーーー!!!!!!灯台下暗し!!!!!」

っと帰宅早々興奮気味にボクに言う。

いえすのキーボードを好きな子がいたのだ。

好きな曲も同じ系統。

彼女の家にはギターとドラムがあるらしい。

やはり親の影響のようでうちと似た感じですがな。

「それがさーその子の家がさー、あそこ(徒歩3分)なんだよぉ〜」

「ほへ?同じ中学じゃないの?」

「ピンポーン、中学の時は顔も知らなかった子だよぉ〜、

っで、今同じ漫研で知ったんだけど漫画の趣味は合わないんだよねぇ(笑)」

音楽の話でお互い手を取り合って喜んだらしい。わかる気がする。

っで、その子の特徴を聞いて驚いた。

3月入学手続きに行った時、親が来られない場合学生本人が手続きに来ていた。

丁度向かいに座っていた子が我が子と同じ中学の制服だったので、

まじまじと眺めていたのだが、確実にそのプログレ友達だ。縁ですな(笑)

お互い音楽の話が合うのを知ってから、更に仲良くなって、

昨日は浴衣を一緒に買いに行っていた。

当然祭りに行く予定らしい。

いたもんだね。それもすごい近くに。お互い三年間知らずに過ごしたんだね。

お互いおすすめアルバムを紹介しあっては曲を聴いてるらしい。

長く友でいられると良いね。