言葉の力とAIの力

 言葉を使って心を通わせる。家族の絆も交友関係も言葉がなければ心はつながらないだろう。今はビッグデータという客観の化け物によって個人の言葉の出番も少なくなりつつある。入学試験も入社試験も人生の転換期として大切な時期だが、その面接もAIロボットによって振り分けられるようになってきた。

 個人の主観は消されて、ビッグデータという客観データ時代に向かっているような気がしてきた。だからこそ、社会と言う客観環境の中での個人の立場を尊重することがより一層大切になってきたのだろう。

広告を非表示にする