おつかいありさん

あんまりいそいでこっつんこ、アリさんとアリさんがこっつんこ、あっちいってちょんちょん、こっち行ってちょん

そういえばこんな童謡あったよなぁ…と。

こないだ、神戸と尼崎で海外からのコンテナに、噛まれると大変な事になるヒアリという蟻が紛れこんだニュースがあったでしょ。

ほんまにヒアリにヒヤリとした人も

昨日のニュースでまた違ったアカカミアリという蟻が大阪港で見付かったと

そのコンテナは岸和田や枚方にも運ばれたというやない

蟻の一穴というやない。

日本に居着かなければいいんやけど

私は子供の頃、蟻んこを眺めるのが好きやったのよね。

虫の死骸なんかもよく運んでいたのを思い出したわ。

夏休みなんかは、蟻んこを集めて、瓶の回りを黒い画用紙でかこんで集めた蟻が巣を作るのを観察したり。

田舎の縁の下には蟻地獄があってね、今から思うと可哀想やったけど、わざと蟻んこを落としたり

そういえば、何年か前に堺市でやったかしら、背アカゴケ蜘蛛の騒動があったじゃない。

結局、日本に上陸して居着いてしまったよね

最近のチビッ子は自然に触れる機会が少ないだろうに、これじゃあ余計にビビるわよねぇ。

残念だわねぇ(/。\)

蟻さんは働き者のイメージがあったのに。

『アリとキリギリス』みたいにね。

アリさんマークの引っ越し社も、イメージダウンだわねぇ。

親しみを込めて歌っていたこの童謡、蟻さんの歌かと思ってたら、『お使いありさん』というタイトルなんやって!

おつかいありさんというよりは、おっかない蟻さんやわね