パパのがん日記娘の中学受験その1

パパのがんは、ヘルニアという病気の影に隠れて、パパの体の中でジワジワと成長してたのですが、そんなことには全く気が付かずに、我が家は、娘の中学受験一色に。

娘がねらっていたのは、都立中高一貫校の富士中学。

都立中高一貫は、全部で10校あるのだけど、娘はなぜか富士中学に行きたいと。

算数が得意だったので、理系に力を入れていて、理数アカデミーに富士中を東京都が認定するというのを聞いたらしくて。

6年生の夏休みは、お盆休みも全くなくて、毎日13時間勉強するという、とんでもないことに。

夏期講習だけでなんと23万円かかりました。

その間も、パパの腰の痛みに加えて、肩も痛み出したので、診てもらったら、今度は頸椎症という診断。

ヘルニアに頸椎症と言われ、急に老化が始まったのかと、本当に不思議でした。

整形外科のレントゲンでは、がんの骨転移は全くわからないのです。

腰が痛くて整形外科にかかって、がんがみつかることって結構あるみたいですよ。

整形外科に行っても良くならない方は、一度内臓を調べるのをお勧めしまーす。

パパも半年以上、ロキソニンと湿布で、痛みをごまかすことに。