日乗その79ラーメン食べたい

今日は気分変えてココスで書いてます。

飲み物はいつも通りメロンソーダです。

午後、地元テレビ局の夏祭りにイッて参りまして、ずんのラジオ公開収録とSHOWYAのライブ観て参りました。

ずんの飯尾さんの大ファンで、毎年のように公開収録を観てます。今日も腹抱えて笑ってました。帰り際にタクシーに乗ったお二人に一人で手を振っていたらちゃんとお辞儀して応えてくれました。なんて素敵な方なんだろう。

SHOWーYAも来るたび観てます。寺田さんのォーカルは相変わらずですごいです。

限界LOVERSはいっしょに歌ってました。

こちらも帰り際に目の前を本人が通りすぎまして大興奮でした。かっこいい。

素敵な土曜日でした。

話変わって、先週の火曜日に急遽会社の用事で東京にイッてました。

そう、先週先週は3日東京でした。えらいこっちゃ。

で、火曜日の話を書こうとしたらなかなか書く時間無くて、あっというまに一週間以上過ぎてました。

火曜日は南阿佐谷の方へイッました。その時に用事終わったあとにラーメンをぜひ食べようと思って、こまつのさん、そのまま丸の内線で向かい荻窪にイキましたのね()

向かったラーメン屋がこちら!

富士中華そば店でございますよっと。ご夫婦で店を営んでます。

もう風格が素敵。この店構えだけでもお腹いっぱいになりそうです。

あい、メヌーはこちら。

ラーメン以外も充実のラインナップでございますが、当日のこまつのさんは朝からチャーハンを食べたくていたたまれない気分になってございましたので、思い切って半チャーハンとラーメンセットでご注文でございますのね。

それでも600円!いぎなし安いど〜!!()

どうです、このノスタルジックなご尊顔。無駄がない。

私が提唱している美味いラーメン屋の条件もしっかり押さえてます。

昔から私が口をちょー酸っぱくして美味いラーメン屋の条件を申しておるのですが、

それがこちら。

1店の建物が古い。若干建物自体が傾いてる。

2店内も古い。

3ラーメンを運ぶ際に、ババァの親指がラーメンのスープにちょっと入ってしまってる。

4無駄な装飾チャーシューに店の名前を印字とかなどが無く、意識高くて空回りしていない。

3が未確認でしたが、運び屋は間違いなくババァでした。毒蝮三太夫師匠に言わせれば、汚ねえババァでした。好感度高い。

ババァが運んできたので、ここは指がスープに浸かってなくともOKとします。

因みに、この上記条件をパーフェクトに備える、稀有で一推しなお店は、神田淡路町にございますミルクホールです。店舗建物の歪み具合は、かのピサの斜塔を想起させます。

あそこも美味い。

そして早速いただきましたよっと。

美味い。スープもちょうどいいしょっぱさでサッとアッサリして後を引きません。

麺もツルツルパイパンシコシコでございまして、なんとも食べていてニヤッとしてしまいます。

いいわー。

店主も黙と無言でしっかりと作業に勤しんでいるところが良いです。

それでもってチャーハンもまぁ美味いこと!

味付けも濃くなく薄くもなくちょうどいい味付加減で、一瞬にして食べちゃいました。

油濃くもなく、食べやすい。

実は何年か前に荻窪来た時にこの店を発見していたのですが、前回はこのお店を見つけるほんの直前に他のラーメン屋で食べてしまっていて食べられなかったのです。

そして何年かごしの入店。感動でございました。

またいつ荻窪にイクか分かりませんけれども、どうかその時までご夫婦お元気でお店を営業されていることを祈ります。

荻窪へお越しの際にはぜひお立ち寄りください。

佇まいだけでも見ると懐かしくなって泣けてきます。

ちょっと、、、君、ベッドにちぢれ麺を置いちゃダメじゃないか!まったく近頃の女の子あ!ごめん!これ、マン毛だったか!!!

ウガグ。